banner

banner banner banner

ハラスメントトラブルを考えること

banner 近年、様々なハラスメントが社会的問題になっています。
加害者はそれがハラスメントだという自覚を持っていない場合もあります。
何が悪いのか、どうして悪いのか、それが何故ハラスメントになってしまうのかが理解できない、という点に大きな問題があります。
ハラスメントトラブルが起きにくい企業は定期的に研修を行っています。
どういうことがハラスメントになるのか、という具体例を出して話し合う機会を設けています。
管理者だけではなく、こんなことで困っていますという問題提起をする専門の部署を設けている企業もあります。
こういう企業はハラスメント以外にもトラブルは起きにくいようです。
法律でも精神的な苦痛を受けた場合、慰謝料を請求することができるとあります。
もしも訴訟を起こすのであれば、ハラスメントトラブルを専門に扱っている法律事務所に相談をするとよいでしょう。
専門以外は内容を理解することもできませんし、相談料だけ取られてしまうこともあります。

大内 徹
大内 徹 OUCHI Toru

ブレインアカデミー
斬新な改革方法のようですので、よろしければその改革方法をご教授いただければと思います。

banner

自然との調和を目指す企業です

banner 地方に行くと感じるのが、増えている弁護士事務所の数ではないでしょうか。
かつては弁護士事務所が

弁護士事務所の数と法律の裏側に関して

banner 朝に小鳥の声を聞けば体内時計がリセットされ、寝起きがスッキリできるといった説もありますが、自宅に子育

勝手に捕獲すれば罪に問われることも

banner 刑法では想像や認識と違い、実際にはかなり罪が重いケースもあります。
例えば、各販売店では万引き

実際は認識より罪が重い場合もある

Copyright(c) 法律 All Rights Reserved.